引っ越しのコツはダンボールの数で決まる

引っ越しに欠かせないのがダンボールである。ダンボールというものはもらったり、家にあるものを使うもので、買うなんてことはないものである。140サイズで300数十円はするもので、それを10個も買うと3000数百円も掛かるのだから、何か損した気分になってしまうのだ。

では、それを引っ越し屋のサービスでもらおう、というのは間違い。引っ越し屋の常套手段なのだが、見積りを頼むとダンボールを置いていくのである。これはサービスでおいていきますね。見積りは他では取らないでください。と言って帰っていくのである。

他社の見積りの方が安い場合にそのダンボールの処分が大変。郵送で送り返すのも拒まれるし、取りにもきてくれない。うちに引っ越しやらせてくださいの一点張り。

こうならないためにも、ダンボールは自分で買いましょう。ちなみにですが、大は小を兼ねるだなどと、大きいダンボールを少ない数用意するのはNG。中身の重さで、下から荷物が落ちてしまうのです。

大きくても140サイズまでとし、できれば110サイズぐらいのダンボールを沢山用意するのが引っ越しをうまくすませるためのコツになりますよ。jメール 口コミ評価