引っ越し難民なる方がいるらしい

引っ越し難民なんて言葉がヤフーニュースにあるので、何のことかと見てみると、3月後半から4月前半に引っ越しをする予定の人が、引越し会社のドライバー不足で希望日に引っ越しができないのだそうだ。

3月は引越し会社の繁忙期と言われ、4月からの新しい生活を始める人たちの引っ越しでにぎわう。これは毎年の恒例ではあるのですが、準備が遅い方は毎年一定数いるようで予約が取れなくなっているのでしょう。

人は一生で確か5回近く引っ越しをするなんて聞いたことがありますが、3月は引越し会社の予約が取りづらいからと早めに予約する人は少ないのでしょう。

そもそも今期のドライバー不足はなんだったのでしょうか。一説によると空前の人不足が日本全体にあり、雇用される側が会社を選べるようになり、より条件の良い配達会社に人が流れているそうです。

今はヤマト運輸や佐川運輸も日本最大の顧客であるAmazonに運賃交渉ができるほど強い立場にありますから、従業員の給料も上がっているのでしょう。引っ越し専門のドライバーは、1つ1つの荷物が重かったり、大きな荷物を日常的に運ばなければなりませんからドライバーは離れてしまったのでしょう。

ユーザーの立場からするとこういった社会の流れに左右されぬよう、予定があるものの準備は早めにしたいものです。まだ予約ができる引越し会社を探したいなら、こういったサイトを利用するのもありかと思われます。ハッピーメール 口コミ 評価