東京は持ち家、地方は賃貸が良いそうです

前回賃貸か持ち家かについて意見を書いてみましたが、最近どなたかがテレビで仰っていたことが正解にちかいのではと思いましたので、それを書いてみたいと思います。

ずばり、東京都心部であれば持ち家が正解で、地方なら賃貸が良いそうです。理由は資産になるかどうか。東京の少なくとも23区内であれば資産として計算ができるが、地方で資産として計算できる土地は少ないということだそうです。

たしかに東京には毎年多くの若者が地方から押し寄せ、地元には残らずにそのまま東京で暮らす人が年々増えています。一方地方は高校卒業、大学卒業後に若者は東京へと向かい、過疎化の一途をたどっています。

当然に街には空き家が増え、数十年後には4割は空き家になるなどと言われています。その空き家はどうなるか。政府が有効利用するよう、誰かに提供することになりますよね。

お金を出して買わなくとも、住居は提供される時代になるのです。その時にわざわざお金を出して、土地や古くなった家屋を買うでしょうか。

以前は投資といわれていた不動産も、需要と供給のバランスが変われば、投資ではなくなります。もし投資先を探しているのであれば、ゴールドが良いとその方は言っていました。供給量は増えずに、欲しい人が増えるゴールドです。

そういえば先日出会い系サイトで良い体験をしました。その時使ったサイトはコチラです。jメール